« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月27日 (月)

野外音楽祭

残暑厳しい中沼田市と川場村にある、県立森林公園「21世紀の森」で野外音楽祭が開かれた。P1060499                          【野外音楽祭】

森山良子さんやムッシュかまやつさんら七組のアーティストが、青空の下歌声を響かせた。

野外音楽祭は1998年の全国植樹祭の成果を後世に伝えることを目的に、県と利根沼田の市町村、地元のボランティアーが協力して毎年開いている。

標高千メートルの高原で人気アーティストの歌が楽しめるイベントとして、毎年4千5百人余りの観客が訪れている。

コンサートでは森山さん、かまやつさんが「涙そうそう」 や「我が良き友よ」などヒット曲を披露

お二人は(いとこ)で母親が姉妹だそうです。

    

「この広い野原いっぱい」では、森山さんの歌声に合わせて観客も合唱し盛り上がりました。

それにしても暑かった!日焼け対策ならず、日焼けしてしまいました(T_T)

帰り駐車場から車を出すときが大変でした。P1060599    【縦列で並ぶ車の列】

私が運転していったのですが、ちょっとイライラ、人 間ハンドル握ると人格が変わるのでしょうか?

普段は温厚な私ですが?怖いですね!     

心にゆとりを持って運転しましょうね~~ぇ(自分への戒め)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

ゴーヤ料理

昨日夜半から雨が降って、今日は凌ぎやすい一日でした。

でも又明日からは暑くなりそうです。

暑い日にはゴーヤ料理が食欲をそそります。

いつもはゴーヤチャンプルにしているのですが、今回はテレビの3分クッキングを真似てみました。

材料P1060487                       【ゴーヤ&もやし&ウインナーの卵炒め】

ゴーヤ・卵・もやし・ウインナー・

作り方

ゴーヤはわたを取り除いて、斜め切りにする。

もやしは根っこを取り除く。

ウインナーは斜め切りにする。

卵3コを割りほぐして、ひとつまみの塩を入れてよく混ぜる。

フライパンに油を入れて、炒り卵を作って一度取り出す。

次にゴーヤ・もやし・ウインナー・卵を戻し入れて、塩胡椒・醤油・オイスターソース・最後にごま油を回し入れて味を調える。

感想

彩りが良かったです。

我が家でもプランターでゴーヤを育てていますが、まだ収穫出来ません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

上州武尊山&剣ヶ峰縦走

お天気に恵まれた19日、上州武尊山(じょうしゅうほたかやま)2,158メートルに行ってきました。

今回は会員4名の車に分乗して、17名の参加でした。P1060431_2 【武尊神社】

現地午前5時出発!

6時30分裏見の滝駐車場に到着、まずは身支度を整えてから恒例になった準備運動を行いました。筋肉を良くほぐす事は大事ですね。

7時武尊神社前を出発、ここには(熊出没注意)の 立て看板が目に入りました。

なんか怖いけれど、人数が多いので熊の方がびっくりして逃げていくかなと思いながら歩き始めました。

裏見の滝から林道を歩き1時間ほどで、ようやく山道に入る。P1060438 【鎖場を登る】

時折吹く冷たい風が肌には最高の贈り物でした。

ここから手小屋沢避難小屋まで平凡な登り、手小屋沢避難小屋まできてようやく半分

ここからが山の本番、尾根の頂上へ向かって行くが途中には岩場、鎖場が何カ所かありました。

約4時間30分程で登頂、広くて360度の大パノラマでした。

登頂した人へのご褒美ですかね?P1060446_2          【上州武尊山を望む】

12時30分いよいよ下山で、来た道を戻るには岩場&鎖場が難所との意見があり、協議して剣ヶ峰経由での下山が決定しました。

急登だった分下りもなかなか大変でした。

下山のほうが神経も使います。

後100メートルで剣ヶ峰(2,020メートル)リュックを置いて身軽になって、登頂してきました。

頂上は狭いのですが、眺めは良かったです。P1060453   【頂上は360度の大パノラマ】

そこから長い下りが始まりました。

武尊神社到着、午後5時04分

駐車場には5時15分やっと到着しました。

なんと約10時間の登山でした。

自分自身良く登ったな~ぁと感心しちゃいました。

会員の男性に○○さん強くなったね~ぇと褒められちゃいました~♪

山楽倶楽部の皆さんのおかげです。P1060456_3

~ありがとうございます~             【剣ヶ峰山を望む】→ 

帰り谷川の湯テルメに入って、疲れをほぐして午後8時到着でした。

登山後のお風呂タイムは至福の一時です~(*^_^*)

運転手さんご苦労様でした&お世話になりました。

約10時間の行程を制覇出来たことで、自信がつきました。

今回の登山では軍手が大活躍でした。

もう少し心にゆとりを持って、登れればいいのですが…これからの課題ですかね。

ますます山登りにはまりそうです~♪

                              

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

焼き茄子

昨日夜半から雨が降って、今も小雨が降り続いています。

猛暑が続いた身体には嬉しく、ホット一息ついています…♪

植木&芝も雨の滴を受けて、生き返っていることでしょう!

熱中症で11人死亡、熱中症による救急搬送人数が統計を取り始めた1997年以降では最も多い161人に上ったと発表した。

一応これで猛暑から解放されたでしょうかね~ぇ?

焼き茄子

材料P1060189_2                       【焼き茄子をお気に入り料理に~♪】

茄子・鰹パック・めんつゆ・根ショウガ

作り方

茄子はへたを取って、グリルで良く焼き、皮を取り除く。

鍋に鰹パック一袋をパックに入れて、めんつゆで味を調えだし汁を作る。

根ショウガは千切りにする。

深めのお皿に茄子を入れて、だし汁をかけて根ショウガを載せる。

冷蔵庫で良く冷やす。

感想

お皿も冷え冷えで、美味でした…♪

メカジキとシシトウを煮ました。シシトウの色写りが悪い(シシトウは最後に加えるべきでしたね)反省

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

荒船山

連日猛暑が続いています。

暑い!暑い!の言葉を何回口にすることでしょう!

そんな暑かった15日荒船山に、登ってきました。P1060421_2   【見る者を圧倒する荒船山】

佐久市の東端、長野・群馬県境に位置する、1,422メートルの山で特異な山容から大変人気の高い山

航空母艦のような大岸壁が立ちはだかり、見る者を圧倒する荒船山

主人は山楽倶楽部で訪れているので(私は入部前)、今回は二人で登ってきました。

我が家を6時頃出発、内山峠駐車場に7時頃到着

1時間程登ると巨大な水柱が立っていた。

この先一杯水の冷たい水でのどを潤す事ができます。P1060416_2 【360度の大パノラマ】

コース中唯一の岩場に、ここを過ぎれば艫岩(ともいわ)まで緩やかな登りだ。

まもなく岸壁上の見晴らし台にでる。(ここまで約1時間40分)

まさに絶景!そこは360度の大パノラマでした。

艫岩はその奇怪な形から軍艦岩とも呼ばれている。

荒船山の最高点,経塚山(きょうづかやま)「行塚山」を目指してさらに登る。

経塚山頂には40分ほどで着く。P1060409          【経塚山山頂1,422メートル】

ここには、第33回国民体育大会の聖火「荒船の火、採火の地」と刻まれた石碑が建っている。

同じ道をたどってきました。

帰り「荒船の湯」でお風呂に入り、昼食を食べて帰ってきました。

お風呂も空いていたので、のんびり、ゆったり浸かって疲れを取ってきました。

19日日曜日は上州武尊山(2,158メートル)の予定なので、足慣らしになりました。

午後2時30分我が家に着いたので、洗濯物なども出来て片づきました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

残暑お見舞い申し上げます!

猛暑が続いていますが、皆さん体調はいかがですか?

暑いですね~ぇが、挨拶言葉になっています。

昨日は今夏最高の暑さでした。

群馬県内は10日、全域で晴れて強い日差しが照りつけました。

午前中から気温が上昇、館林で全国2番目となる37.7度を観測したほか、前橋37.1伊勢崎36.9度を記録。

北部の中之条でも35.6度、沼田で35.3度に達し、今夏1番の暑さになった。

7月があまり気温が上がらなかったので、もうぐったり うんざりと言った心境ですかね?

まるでサウナ風呂に入っているような・・・今日も朝から太陽が照りつけています。

明日8月12日は日航機事故から22年になるのですね。

今日から慰霊行事で、灯籠流しや追悼演奏が行われます。

河原ではアコーディオンやオカリナが演奏され、合唱しながら故人をしのぶ。

友人もオカリナ演奏に参加するそうです。

改めて空の安全を祈願します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

自慢の甥

看護大学4年生の甥が、7日~9日群馬に来ました。

来年は国家試験を控えているので、今年の帰省は無理かな~ぁと内心あきらめていたのですが・・・

就職活動のために、栃木の病院説明会の帰りに寄って二泊していきました。

義妹の話で甥は、関東地方を就職希望としているようです。

私達としては嬉しいですが、将来の事はまだどうなるかわかりません。

お夕飯を作って首を長~くして待っていました。

いつものようにラフな服装かと思っていたら、背広にネクタイ&革靴と立派な大人の姿でした。

一年ぶりの再会で父も大喜びで、目尻が下がりっぱなしでした。

一段と逞しくなって私も母親気分を存分に味わいました…♪

氷結で乾杯!甥と一緒にお酒を飲めるなんて幸せです。

献立は焼きナス・ポテトサラダ・大和芋の磯辺巻き・ハヤシライスでした。

二日目は甥の運転で、お墓参りに(母・娘)行ってきました。

その後高崎イオン・けやきウオークをぐるっと回ってきました。

夜は朝鮮飯店でお肉を沢山食べて、会話も弾みました。

主人も楽しそう…きっと息子がいればと思ったことでしょう!

主人が会社で就職の面接担当者らしく、甥にいろいろとアドバイスをしていました。

今日は最後のランチを予約制の(魚喜)で海鮮丼&プリンを満足!満足!

忙しい所来てくれてありがとう!

     【朝鮮飯店】                             【魚喜】

P1060377_2 P1060386_2

子供ではないけれど指折り数えて待っていましたが、アッという間に楽しい時間は過ぎてしまいました。

若いエネルギーをもらったので、又頑張ります!

         暑い中本当にありがとう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

白山二日目

白山二日目

夜中11時頃トイレで目が覚めたら、外は大雨でした。

御前峰の「お日の出」(白山ではご来光のことをこういう)は、この時期午前4時45分前後です。

お日の出1時間前(3時45分頃)に太鼓が鳴り、その前から室堂の部屋の中は騒然としてきます。(ただし雨天の場合はこの限りではない)

雨でダメかとあきらめていましたが、朝方には雨も上がり、身支度を整えて、水、レインウエアなどを持って、お日の出・池巡りコースに出発しました。

室堂発(3時50分)→40分ほどで御前峰に登頂P1060313 【御前峰2、702メートル】

ヘットランプを始めて使用しました。

まさに銀座通り長い列を作って、ヘットランプの明かりが一本の道に連なっていました。

でも残念(お日の出)を見ることは出来ませんでした。

池巡りに行く人達のコースと、そのまま下山するコースに分かれて室堂に戻りました。

私達は視界もいまいちでしたので、下山コースで戻りP1060336 ました。

  【室堂を見下ろす赤い帽子の私】→

朝食を食べて、下山は高山植物乱舞の【観光新道】をたどりました。

かなりの急登を下り、最後は膝がガクガクになりました。

ただし雨天時は滑りやすく、又沢が増水しますので、歩きやすいエコーラインコースを選択するのが賢明かと思います。

午前7時30分室堂発→黒ボコ岩→殿ヶ池避難小屋 →別当出合センターに到着(午前11時50分頃)

約4時間半の行程でした。

                    【観光新道に咲く花々】

                   

P1060338_2 P1060343_2

P1060344 P1060330

ちょっとしたアクシデントがあったけれど、全員無事下山出来ました。

二日間を振り返って、台風の影響が心配されましたが、再チャレンジを果たせた喜びは絶大です。

1日目は雨に二日目は暑さに悩まされた登山でしたが、喜びはひとしおです。

帰り二日間の汗をお風呂で、洗い流しすっきりして気持ちよかったです。

露天風呂から登った山を眺めながら、人間の足って凄いね~ぇと皆と満足感に浸っていました。

無事午後9時30分帰路に着きました。

皆さんお疲れさまでした。

運転手さん(二名)、役員の方々二日間お世話になりました。

最後に頑張った自分自身へのご褒美に拍手をパチパチ!

楽しい思い出の1ページが、新たにアルバムに加わりました~♪

追記

今日は洗濯日和で、沢山の洗濯物・リュック・登山靴等が気持ちよく乾きました。

足が筋肉痛でやっと歩いています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

白山再チャレンジ

8月4日~5日石川県【白山2、702メートル】(はくさん)に登山に行ってきました。

去年現地まで行ったのですが、豪雨のため道路が通行止めで急遽観光に切り替わりました。

なので今年は再チャレンジでした。

高崎を午前2時出発、現地までの道中も長いので今回は大型バスで27名の参加でした。

荷物もバスの下に収納出来、座席もゆったり早朝なのでバスの中はお休みタイムでした。

白山の概要

白山は富士山、立山、と共に日本3名山の一つとなっており、御前峰(2、702メートル)を最高峰に、大汝峰、剣ヶ峰、別山を従えた山岳自然公園で、地域は石川、福井、岐阜、富山の4県にまたがっています。

白山は高山植物の宝庫で、「ハクサン」の名を冠したもの20種類もあります。7月中旬から8月上旬が花のピークです。

第1日目

別当出合センター午前9時半出発、登山開始から雨が降ってきました。【別当登山口】P1060210

まずはレインウエアを着用して、それぞれのカラーで彩りが鮮やかでした。

トイレ&水場が整備されていたので、登山者には嬉しい限りです。

台風5号の影響か、雨足がだんだんと激しくなって、周りの景色も靄でぜんぜん視界不良でした。

こんなにも激しい雨の中での登山は始めての経験でした。

レインウエアを着用していても雨&汗で下着までびっしょり、P1060230 ただひたすら小屋を目指して一歩一歩足を前に前に進めて行きました。

私の後ろからはベテランの人が付いてくれて、(追い越さないから自分のペースで登って)との言葉を受けて最後の急登を登ると、靄で霞んで小屋の全景が現れました。

甚之助避難小屋→黒ボコ岩→室堂に午後2時55分到着                                  【甚之助小屋】

早速部屋でずぶぬれになった服を着替えて、お風呂には入れませんがサッパリしました。      

身体を冷やさないために、カイロを用意してきた人にP1060264 お腹&腰を温めるようにと2コいただきました。

お夕飯までの時間部屋の中では、登頂記念の宴会で盛り上がりました。

少々盛り上がりすぎて反省すべき事もあったような・・・!

私もワインを少しいただきました。

                          【この木道を越えると最後の急登】

無事皆さん小屋に到着しました。P1060279        【室堂に午後2時55分無事到着~♪】

雨の1日目約5時間半の行程が終了しました。

つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »