« 一区切り | トップページ | 読書 »

2008年12月 1日 (月)

母の命日

今日から12月、平成20年も残すところ後一ヶ月となりました。

12月1日愛子様の7歳のお誕生日ですね。

日本国中が愛子様の誕生を心待ちしているとき、私は母の最期と向き合っていました。

毎日午後、父と病院に行くのが日課となっていました。

その日病院からの電話で、今日は少し早めに来てくださいと言われました。(病院側はあわてた様子ではなく落ち着いていました)

なので、まさか母の状態が悪いとは思いませんでした。

そうですよね。あわてての電話では事故でも起こしかねないですね。

私達が病院に着いたら、先生からお小水が出ないのですとの事でした。

仕事中の主人にも電話、親戚の人にも来ていただきました。

母の手を握っているとだんだん冷たくなり、ともしびの日が消えていきました。

そして午後1時45分、皆の願いもむなしく73歳の生涯を閉じました。

母の最後の言葉は、亡き娘の名前「めぐみ」「めぐみ」を2回呼びました。

もしかしたら亡き娘がお婆ちゃんを迎えに来たのかな~ぁ?

母は産婦人科に入院していましたので、赤ちゃん誕生で喜ぶ人達の笑顔を見ていました。

まさに!生と死が隣り合っていました。

愛子様の誕生日が母の命日となりました。

                                    maple真っ青な空&真っ赤な紅葉maple

Pc010032

|

« 一区切り | トップページ | 読書 »

コメント

loveletterGreenさんへ

お父さん66歳の若さで亡くなられたのですね。
その分Greenさんお母さん孝行していますね。
私もGreenさんを見習って親孝行したいと思います。
「親孝行したいとき親はなし」との言葉が脳裏に浮かんできました。

投稿: | 2008年12月 3日 (水) 10時55分

clover
読みながら、父のことを思い出しています・・・
私の父は66歳で亡くなりました!
お母さん、生きていれば80歳、まだまだお元気でいられる年齢ですね!

お父さんをお母さんの分まで親孝行してあげてネ!happy01

投稿: Green | 2008年12月 3日 (水) 09時38分

loveletterツーカーさんへ

毎月月命日にお墓参りをしているので、次回からは義母のお墓参りもできます。
今までも義父のお墓参りをしていたので同じですね。
天国で皆で仲良くして欲しいですね。

投稿: | 2008年12月 3日 (水) 08時12分

おはようございます。
12月1日は会社が休日でしたので久しぶりにお墓参りに参加することが出来ました。
めぐみのお墓も先日の母が亡くなった同じ寺にあるので仲良くして欲しいです。
義母は少し離れたお寺様なので、天国で一緒に遊んで欲しいです。

投稿: ツーカー | 2008年12月 3日 (水) 06時26分

loveletterスーさんへ

スーさんこんばんわ!
そうなんですよ。
人生生きていると、いろいろな出来事にぶち当たります。
どんなことでも強い心を持って乗り切らなければなりませんね。

投稿: | 2008年12月 2日 (火) 20時52分

身近な人との別れほどつらいものはありませんね。
12月の始まりは、恵さんにとって忘れられない日なのですね・・。

投稿: スー | 2008年12月 2日 (火) 18時43分

loveletterグッピーちゃんへ

グッピーちゃんこんにちわ!
そうですよね。誰しも大切な人との別れは辛いです。(´;ω;`)ウウ・・・
私達にただ一人残っている父には長生きして欲しいです。
こんな事を思う年齢になってきました。


投稿: | 2008年12月 2日 (火) 10時27分

恵さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
私は、最期をみとったことはないのです。祖母も、誰にも知られずに逝ってしまいました。
病院から電話があって駆けつけたのですが、間に合いませんでした。
それも祖母の思いやりだったのかも?と話すのですが、母は残念そうです。
いつかは愛する人とお別れしなくてはいけませんが、その日はあまり早く来ないようにと思っています・・・。

投稿: グッピーちゃん | 2008年12月 2日 (火) 08時28分

loveletterまあちゃんへ

私が言うのも何ですが、皆から好かれていた母でした。
とっても面倒見が良かったです。
私以上に私の友達と仲良くなってしまうような母で、明るく得な性格でした。
時に私の存在が目立たなくなってしまうような・・・
思い出すといろいろあります。

投稿: | 2008年12月 2日 (火) 00時20分

そうだったのですかーー
悲しい思い出ですね。
まだ まだ お若いのに残念なことになりましたね。
いいおかあさんだったのでしょうね。
辛かったでしょう。
よく 頑張りましたね。

投稿: まあちゃん | 2008年12月 1日 (月) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122767/25802711

この記事へのトラックバック一覧です: 母の命日:

« 一区切り | トップページ | 読書 »