« 宿泊登山一日目 | トップページ | 北海道展 »

2012年9月18日 (火)

雨飾山(二日目)

AM4時30分宿を出発

昨晩の宴会で飲み過ぎた人達は、役員が部屋に起こしにいったら爆睡している方々もいたようです。

登山口までバスで送っていただき、AM5時15分から登り始めました。

ヘッドランプを用意していきましたが、5時ともなると明るくなり必要ありませんでした。

まずは恒例の柔軟体操をして、いざ出発です。

雨飾山(1963m)は新潟県と長野県の県境にある山で、日本百名山の一つです。

名前に惹かれて知名度も知れ渡り、多くの登山客が登るそうです。

標高が低い割には険しく、岩場の急斜面もあり、また、雪の多い場所で、6~7月まで雪が残るので十分な装備と注意が必要です。登山道には、400m毎、11箇所に「1/11」などと書かれた標識があるので、それを目標に登れます。

足慣らしで越前岳に登った効果でしょうか?快調の滑り出しでした。

先頭を越前岳でお世話になったSさんでしたので、ゆっくりベースで先導していただきました。

荒管沢で休憩を取り、3名がそこからきた路を引き返していきました。

もしかしたら二日酔いでしょうか???

私達13名は頂上を目指して登りました。

途中から台風の影響でしょうか?強風で飛ばされそうに・・・

これが強風飛ばされたら大変な事になってしまいそうでした。

「8/11」まできた時点で、会長さんと皆さんで話し合いになり強風のため頂上まで登ってもガスっていて何も見えないと頂上から帰ってきた人に聞いて、あきらめて下山することに決定

勇気ある撤退・・・ちょっぴり残念な気持ちもありましたが仕方ありませんね。

山は逃げないので再チャレンジも良いですね。

後1時間ほどで頂上に着けたかも知れませんが・・・未練がましいですね。

私の体調が万全でしたので少しガッカリでした。

皆さんから○○さん強くなったね~ぇの声が聞こえてきたような・・

下り荒管沢まできて沢のせせらぎを聞きながら、宿で用意してくれたおむすびを食べました。

そしてPM1時頃無事登山口に到着しました。

帰りは雨飾荘で途中で下山した3名と合流して入浴をしてきました。

頂上まで行けませんでしたが、楽しい思い出の一泊登山になりました。

役員の方々いろいろと心遣いお疲れさまでした。

お世話様になりました。

足も全然痛くありません。

自分で言うのも何ですが私も足が強くなりました。

fuji雨飾山fuji

P1130487

P1130563  P1130570

P1130528

P1130572

P1130533

今回は頂上達成の満足感は味わえませんでしたが、思い出に残る山登りとなりました。

是非再チャレンジしたい気持ちです。

今回の登山では足慣らしの登山が、いかに大切かを学びました。

足慣らし登山に誘っていただいたSさん&Tさんには感謝です。

~~ありがとうございました~~

|

« 宿泊登山一日目 | トップページ | 北海道展 »

コメント

loveletterまが~さんへ

こんばんわ!
勇気ある撤退でした。
又の機会に挑戦します。
私も足が強くなりました。


loveletter yuuyuuさんへ

こんばんわ!
又挑戦する楽しみが出来ました。
強風の強さにはビックリでした。
安全登山で行きたいと思います。

投稿: | 2012年9月22日 (土) 19時35分

こんにちは
雨飾山登山お天気が良くなかった様で
勇気ある撤退で正解!でしたね。
また挑戦の楽しみが出来たと言う事ですねshoe
継続は力なり!日頃の成果が出ましたね(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: yuuyuu | 2012年9月22日 (土) 15時52分

宿泊の登山楽しく過ごされたご様子、経験したことのない私には、興味深く参加したような感覚で読ませていただきました。
登山を前日に控えての食事会では、翌日のことが心配という気持ちもよくわかりました。
雨飾山登山では、山頂まで行くことなく撤退もきっと正しい判断がなされたのでしょう。
写真で見るとずいぶんと本格的急峻な山のような気がします。
恵さんは逞しくお強いですね。
そのタフさが羨ましいです。

投稿: まが~ | 2012年9月22日 (土) 10時20分

loveletter熊のkさんへ

こんばんわ!
頂上までは行けませんでしたが、思い出に残る登山が出来ました。
年に一度の一泊登山毎回楽しみにしています。
去年は台風の影響で中止となりましたので、今年は行けただけ良かったです。
私の足も強くなりました。

投稿: | 2012年9月21日 (金) 21時25分

恵さん、こんばんは。
 雨飾山登山は強風のなか大変でしたね。
登頂が出来なくて、残念だったでしょう。
私も山の名前、何て読むのだろうと、ネット
で調べてみましたら、「知る人ぞ知る山」だと
書いてありました。
 恵さん、足が強くなられたようで、良かったですね。
やっぱり、日頃の努力と継続の賜物ですね。

投稿: 熊のkさん | 2012年9月21日 (金) 20時27分

loveletterまあちゃんへ

休みの日に更新するそうですので、楽しみにしてくださいね。
主人は事細かに掲載しますのでわかりやすいと思います。
デジブックで堪能してくださいね!!

投稿: | 2012年9月21日 (金) 19時13分

恵さん ありがとうね。
コメントして 地図を眺めていたら 「あまかざりやま」ではと思い索引をみたら わかりました。

ツーカーさんのデジブック楽しみにしています。

投稿: まあちゃん | 2012年9月21日 (金) 08時00分

loveletterまあちゃんへ
おはようございます!
「あまかざりやま」と読みます。
残念でしたが良い判断だったのでしょうね。
テレビのニュースで流されたら大変なことですね。
山楽倶楽部のモットーは安全登山です。

投稿: | 2012年9月21日 (金) 05時27分

こんばんは~
恵さん 地図帳を出して 雨飾山がどこか調べてみました。
ちょうど台風が来ていたし 日本海側ですから 風が強かったのでしょうね。またの機会に挑戦した方がよかったと思いますね。
でも好い登山が出来 好い思い出になりましたね。
ところで 雨飾山 どう読むのでしょう・・・
恥ずかしいけど 教えて下さいね。

投稿: まあちゃん | 2012年9月20日 (木) 21時57分

loveletter異邦人さんへ

こんばんわ!
残念無念頂上までは行けませんでした。
又再チャレンジしたいですが・・???
強風で有名なんですか?

投稿: | 2012年9月19日 (水) 17時30分

~☆ 恵さんへ ☆~
雨飾山の山頂まで行けなかったようですけど
荒管沢を過ぎると急登があり
ここは強風で有名らしいです。
山頂近くに鎖や梯子もあるので
良い判断ですね。でも温泉はいいですよね。
山頂へは後で何時でも行けますからね。

投稿: 異邦人 | 2012年9月19日 (水) 16時40分

loveletterミミさんへ

雨飾山頂上まで行けなくて残念でした。
息子さん一人登山ですか?
単独登山は待っている人が帰ってくるまで心配ですよね。
やはり登山は登っていないと足が弱くなってしまうのでしょうね。
足馴らしの山登り大事かも知れませんね。

投稿: | 2012年9月19日 (水) 13時20分

恵さん おはようございますcat
連休は登山だったのですね。
台風の影響でしたか・・・頂上まで登れなくて残念でしたね。
またの楽しみに取っていて下さい。
登山も1泊すると余裕があっていいですね。
恵さんは最近登山の機会が多いので強くなったんですね。
息子も今日は山に行ったようですが、仕事の関係で
いつも寝ていないし、登るのは一人なので心配です。

投稿: ミミ | 2012年9月19日 (水) 10時22分

loveletterスーさんへ

おはようございます!
雨飾山頂上まで行けなくて残念でした。
それにしても風が強かったですね。
会長さんの判断正解ですね。
勇気ある撤退ですね。
何かあってニュースになってはね~ぇ

投稿: | 2012年9月19日 (水) 05時50分

ちょっぴり残念な勇気ある撤退でしたね~...typhoon
しかしながらあの風を思うと、正解だったのでしょうね。
いつかまた再チャレンジしたいですね...fuji

私も聞きましたよ!
恵さん強くなったね~の声を...flair
事前トレーニングの成果がありましたね!...wink

投稿: スー | 2012年9月18日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122767/47124687

この記事へのトラックバック一覧です: 雨飾山(二日目):

« 宿泊登山一日目 | トップページ | 北海道展 »