« 団地のパン屋さん | トップページ | 一日の出来事 »

2015年3月11日 (水)

俳句教室

月一回の俳句教室の日でした。

久々に賞をいただけたので掲載します。

一月・二月は残念ながら賞がいただけませんでした。

やはり賞がいただけると嬉しいですね。

季語は(雛)(木の芽)でした。

*並選

one狭き部屋雛に取られて仮ベット

*以前住んでいた家は狭かったので、お雛様を飾ると寝る場所を確保するのが大変だった思い出があります。

two登頂を皆と祝ひし木の芽風

*登山で頂上で昼食を食べていると心地よい風が気持ち良いです。

three木の芽風乙女チックになびく髪

*風で髪がなびく姿がロマンです。

三句選ばれました。

次回の季語は(入学)(ひこばえ)です。

あわてずに日々心に響いた句を書き留めておけばいいのでしょうが・・いつも切羽詰まって考えています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

95歳のおばあちゃん肺に水が溜まり入院していて退院したのですが、息子さんの家で面倒を見てもらうことになり残念ながら俳句は退会になってしまうようです。

一緒に住んでいたお嫁さんは一切面倒をみてくれなかったようです。

同じ屋根の下に住んでいて、おしゃべりもできないなんて寂しかったでしょうね。

自分がしっかりしなければと気丈に頑張って生きていたようです。

三人息子さんがいるのですが、二人は既に他界してしまいました。

でもひとり息子さんがこれからは面倒を見てくれるようなので安心したことでしょう!!

今まで自分で何もかもしていたようなので、これからは沢山甘えて余生を送ってくださいね。

生きるって大変ですね。

                                   .。.:**:.。.shock.。.:**:.。..。.:**:.。shock..。.:**:.。.

父が腰を痛がっていて困っています。

本当に弱気になってきました。

足腰が利かなくなって歩けなくなったら困ります。

心のうちで悩んでいるのでしょうね!!

一人暮らしも限界とは思うのですが・・・

.                                  。.:**:.。sign05..。.:**:.。..。.:**:.。.sign05.。.:**:.。.

東日本大震災から4年経ったのですね。

まだ避難所生活を余儀なくされている人たちがたくさんいますね。

徐々に復興しつつありますが・・・

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

|

« 団地のパン屋さん | トップページ | 一日の出来事 »

コメント

loveletter異邦人さんへ

俳句気に入っていただき嬉しいです。
健康第一ですね。
異邦人さんは健康そうですね。

投稿: | 2015年3月13日 (金) 18時26分

~☆ 恵さんへ ☆~
木の芽風乙女チックになびく髪
が、木の芽に吹く環境が広がり、中でも好きな句ですね。
健康が第一と思っても年輪を重ねるごとに自由が利かなくなり、自分の思うようにいかなくなるんですね。人ひとりでは生きていけないし、人の助けが必要になる日もありますね。

投稿: ☆彡異邦人 | 2015年3月13日 (金) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122767/59229063

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句教室:

« 団地のパン屋さん | トップページ | 一日の出来事 »