« ゴーヤのシャキシャキ漬け | トップページ | 野菜カレー »

2015年8月22日 (土)

親戚の訃報(。>0<。)

昨日親戚の訃報が届きました。

母の実家を守っていた私の従兄弟が8月21日(83歳)で亡くなりました。

農家の長男で苦労も多々あったのでは・・???

私たちも一度自宅houseにお見舞いに行ってきました。

父と同時期に体調を崩しベット生活をしていましたが、頭はしっかりしていて会話をしました。

物が飲み込めずに点滴でした。

この家は長年(13年)子供が出来ずにやっと授かったら次々と3人の女の子に恵まれました。

私もあやかりたかった・・・

長女が看護師さんで介護休暇を取って家で面倒を見ていました。

看護師さんの娘さんの介護を受けていたので心強かったことでしょう!

私も入院した時はお世話になりました。

平成13年10月先天性胆管拡張症で入院しました。

母の甥にあたるのですが、昔のことで年齢が3歳ほどしか違わなくて姉弟同様に育ったようです。

大きな農家でお米等も作っていて、働き者の従兄弟でした。

母は七人兄弟の末っ子でしたが、いつも姉達の面倒を見ていた面倒見がよい母でした..。

以前は梅の花を育てていて毎年見学に行ったことを思い出します。

今夏は訃報続きです。

今年は暑い夏sunですので体調の悪い人は崩してしまいますね。

父の妹の旦那さん(90歳)が7月7日に亡くなり、今日納骨で主人が父の代わりに出席しています。

幾日も経たず父の兄嫁(93歳)が7月19日に亡くなりました。

9月5日が納骨で長男の人から電話があり、従妹会も兼ねて夫婦で呼んでいただきました。

なかなか法事でもないと従姉とも逢えませんね。

私たちのお仲人さん8月1日83歳も亡くなってしまいました。

皆さん長生きと言えば長生きですが・・・

来年のことを言うと鬼が笑うと言われそうですが、4件の新盆が控えています。

父も訃報を聞くたびに、身近な人が亡くなり寂しいと涙を浮かべていました。

本当に親戚では最高年齢となってしまいました。

弟曰く人様の前では弱音を吐かないのに、子供の前では「疲れた、もう死んだ人間と同じだと何回も同じ言葉の繰り返しなので弟の方が参っています。

今までのように動けなくなったことのダメージが強いようです。

お父さん生かされていることに感謝して頑張ってね!!

*追伸

父の代理で出席した法事で、主人を迎えに行ったときに従姉にしばらくぶりに逢えました。

果たして何年ぶりでしょうか?

弟と同い年です。

従姉は女の子の双子を出産しています。

数年前に御主人さんを亡くしています。

懐かしい顔に逢えて嬉しかったです。

これからは従姉との関係を大切にしたいと改めて思いました。

|

« ゴーヤのシャキシャキ漬け | トップページ | 野菜カレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122767/61277579

この記事へのトラックバック一覧です: 親戚の訃報(。>0<。):

« ゴーヤのシャキシャキ漬け | トップページ | 野菜カレー »